BS時代劇『赤ひげ4』制作開始のお知らせ
2022年3月29日 午後1:45 公開

「船越赤ひげ」がまたまた帰ってくる!

山本周五郎原作 「無知と貧困」と戦う人情ドラマ、去定の過去が明らかに!?

主演「赤ひげ役」の船越英一郎をはじめ、第3シリーズまでのスタッフ・キャストが結集。山本周五郎の原作のペーソスと人情味あふれる世界観にオリジナル要素も加味し、人と人とが助け合い許し合うことの重要性や、家族の絆の美しさを描きます。
今回は、原作「赤ひげ診療譚」にも描かれていない、今まで語られることのなかった「赤ひげ」自身の過去に大胆に踏み込みます



【あらすじ】
江戸時代。貧しい者たちのために作られた小石川養生所。所長の新出去定(にいで・きょじょう 船越英一郎)は、恐れや親しみを込めて「赤ひげ」と呼ばれていた。若き医師、保本登(中村蒼)や津川玄三(前田公輝)、田山真一郎(鈴木康介)、新たに加わった女医のつぐみ(優希美青)も、今日も貧しい者の治療に奮闘中だ。そんな折、赤ひげは養生所の生みの親でもある大岡越前守に呼び出されることに。大岡の言葉は赤ひげに衝撃を与えるものだった。何と大岡は赤ひげに新たに設立する医学校の校長になれと言う。赤ひげは養生所を去るのだろうか!? 一体、養生所はどうなってしまうのか……。一方、毎回、養生所には、つらい事情や秘密を抱えた貧しい訳ありの患者たちがやってくる。そんな患者の一人おたね(戸田菜穂)。どうやらこのことが養生所に新たな火種を生むことに……。


<船越英一郎さんのコメント>
巨大な作品「赤ひげ」に挑む、という大冒険が始まってから5年、この度、パート4の撮影を迎えました。今回は物語のキーパーソンにもなる新しい登場人物を迎え、今までとは少し違った「赤ひげ」を目指しています。集まったスタッフは約2年ぶりの撮影にもかかわらず、昨日まで撮影していたようだと、ブランクを感じさせない見事なチームワーク、我々出演者もわずかなコミュニケーションで練度の高いお芝居ができている。これも長年現場を共にした賜物です。スタッフ・キャスト一丸となって作り上げる、笑って泣けて、心に沁みる人情ドラマ「赤ひげパート4」。この秋放送です。どうぞお楽しみに。


BS時代劇「赤ひげ4」

【放送予定】
2022年秋~BSP・BS4K 金曜よる8時~8時43分 <連続8回>
【原作】
山本周五郎
【脚本】
尾崎将也、川﨑いづみ
【出演】
船越英一郎 中村蒼 優希美青 前田公輝 鈴木康介 奈緒 戸田菜穂 ほか
【演出】
猪原達三、皆川智之
【制作統括】
井上竜太(ホリックス)、山本敏彦(NHKエンタープライズ)、落合将(NHK)