続編の放送前に多くの反響を呼んだ前作を総合で2夜連続一挙放送!「ひきこもり先生」
公開2022年11月11日午後3:00

「ひきこもり先生」 

佐藤二朗演じる元ひきこもりの非常勤講師が不登校の生徒たちに寄り添う姿が大きな反響を呼んだ前作をシーズン2放送前に一挙放送。どうぞこの機会をお見逃しなく! 
 
【放送予定】 
2022年12月16日(金) 午前1時40分から午前3時19分 第1回と第2回(木曜深夜)
2022年12月17日(土) 午前0時25分から午前2時54分 第3回から最終回(金曜深夜)
49分×全5回 
総合 
NHKプラスでもご覧いただけます
NHKプラス公式サイト 
 
【原案】 
菱田信也 
 
【脚本】 
梶本惠美 
 
【音楽】 
haruka nakamura 
 
【出演】 
佐藤二朗 鈴木保奈美 
佐久間由衣 玉置玲央 
半海一晃 鈴木梨央 
室井滋 白石加代子 
高橋克典 ほか 
 
【内容】 
上嶋陽平(佐藤二朗)は、38歳から11年間ひきこもり生活を続け、3年前にようやく部屋から脱出した、いわば「ひきこもりサバイバー」。ひきこもり脱出後、地域の人々の力を借りて焼鳥屋を開業したものの、客とまともに話しもできず、社会復帰はまだ途上にあった。 
そんな陽平が、ある市立中学校の非常勤講師を依頼される。校長の榊徹三(高橋克典)が、ひきこもりの経験者に不登校生徒を支援させたいと、陽平に白羽の矢を立てたのだ。スクールソーシャルワーカーの磯崎藍子(鈴木保奈美)や、若い教師・深野祥子(佐久間由衣)が、不登校生徒のための教室の運営に行き詰まる中、それは画期的なアイデアだった。陽平は、自分には荷が重すぎると固辞するも、たまたま出会った不登校児・奈々(鈴木梨央)を生き別れた一人娘と重ね合わせていた。揺れる陽平を「ひきこもり仲間」であるヨーダ(玉置玲央)、ひきこもり時代のサポーター・長嶺(半海一晃)、母・美津子(白石加代子)らが後押しし、ついに、教壇に立つことを決意するのだった…。 
 
【初回放送】 
2021年6月12日から7月10日 
総合「土曜ドラマ」にて放送 
 
「ひきこもり先生」番組ホームページ 
土曜ドラマ「ひきこもり先生シーズン2」制作開始のお知らせ