ニュース速報

「八幡平〜黄金色の大湿原へ〜」

初回放送日: 2021年10月11日

秋田県と岩手県にまたがる八幡平。山頂部に広大な湿原が広がる高原状の山塊だ。秋、その湿原は黄金色に染まる。さらに、朝日に輝く草紅葉や、ご来光に輝く霧をも堪能! 八幡平は、家族連れでも楽しめる気軽な山。今回は、2日間かけ、秋の八幡平の魅力を満喫する。ガイドは、地元・秋田県出身の齋藤直昭さん。まずは、麓のブナ林、白い木が立ち並ぶ。登るにつれ、紅く色づいた木々が目立ち始める。そして山頂部、幾つもの巨大な沼と湿原、針葉樹の森が、見事な景観を生み出している。特に秋は、湿原が黄金色に染まる。翌朝、ご来光に照らされた神秘的な光景を目にした後、1613mの山頂へ。