ニュース速報

「岩手山〜紅葉と岩の尾根をゆく〜」

初回放送日: 2021年11月29日

奥羽山脈の最高峰・岩手山(2038m)。戦後開拓された「裏岩手縦走路」を進むと、東北随一の紅葉が広がる。その先には、「鬼ケ城」という、険しい岩尾根が待ち受ける。 秋の絶景を満喫する1泊2日の山旅。ガイドは、地元で生まれ育った畠山聖徳さん。今回行くのは、東側のメインルートではなく、西側の裏岩手縦走路。戦後、登山やスキーを楽しむ若者たちが切り開いたものだ。途中には、紅葉の名所「三ツ石山」が。そこからの眺めは、まさに絶景!2日目は、活火山としての荒々しい一面に出会う。硫黄を噴出する「大地獄谷」、溶岩でできた岩場「鬼ケ城」。そして、山頂には、一面の雲海が広がる。