ニュース速報

「甲斐駒ヶ岳〜時を超える、祈りの岩峰〜」

南アルプスの甲斐駒ヶ岳(2967m)、江戸時代に開かれた信仰の道をたどり、修験者でもあるガイドに導かれ、白き花崗岩の頂をめざす。ルートは日本三大急登の黒戸尾根! 甲信国境に雪のように白いピラミッド形の山頂を輝かせる甲斐駒ヶ岳、標高差2200mの黒戸尾根をゆくハードコース!北杜市の横手駒ヶ嶽神社からブナなどの森を巡り、岩が露わになった難所・刃渡りを越え、梯子や鎖を頼りに岩壁を登り、七合目でテント泊。翌朝、ご来光を拝み、剣が刺さった大岩の眺め、山頂をめざす。ガイドは甲斐駒で修行を重ねる田村茂樹さん。1000m下の谷底をのぞく“地獄谷の東の覗き”は恐怖の体験!