ニュース速報

「武蔵野 小さい秋ラン」

スタートは、優しい光が落ち葉を照らす吉祥寺・井の頭公園。街なかではお寺の黄色く熟したギンナンや畑の赤いサツマイモを発見。明治の詩人・小説家の国木田独歩が愛し歩き回った「武蔵野」の地では、今も人の暮らしと畑や雑木林が入り混じり、角を曲がるたびにすてきな風景と出会えます。いつも元気な快速旅ランナー・福島和可菜さんが、時にセンチな気分にも浸りながら人気の街の小さい秋を楽しんだ旅ラン10キロ。