ニュース速報

「神戸 異国情緒ラン」

六甲山系が海辺近くまで迫り、山すそに洗練された街が広がる神戸。江戸時代末期に外国に開かれた港町は、阪神大震災からも力強く復興。今も重厚な石造りのビルやエキゾチックな洋館が点在し、異国情緒にあふれていました。そして由緒ある神社にもハイカラな香りが…。旅ランナーの鈴木ちなみさんが、六甲おろしに吹かれながら、軽やかに神戸の街を走って巡る旅ラン10キロ。