「原田泰治(画家)」

初回放送日: 2022年6月25日

今年3月に亡くなった原田泰治さん。「原田泰治の世界」の新聞連載で知られ、全国各地を訪れて、日本のふるさとの風景を素朴で温かなタッチで描き、独自の世界を確立した。 原田さんは昭和15年長野県諏訪市生まれ。1歳のとき小児まひにかかり両足が不自由になる。武蔵野美術短期大学商業デザイン科を卒業し、24歳でグラフィックデザイナーとして独立。昭和57年、朝日新聞日曜版に「原田泰治の世界」の連載を開始。失われつつある日本の原風景を描いた作品は話題を呼び、2年半続いた。北米や中南米でも展覧会を開くなど国内外で精力的に活動。平成10年には「諏訪市原田泰治美術館」が開館した。