ニュース速報

    「セウォル号沈没事故 〜生死を分けた101分〜」

    初回放送日: 2021年3月17日

    2014年4月に起きた韓国のセウォル号沈没事故。304人が亡くなり、その多くが修学旅行中の高校生だった。これだけの大惨事となった背景には救助の失敗が指摘されている。事故後、公開された音声記録。船員より早く外部にSOSを発していたのは16歳の高校生。専門的な質問にも懸命に答え続けた4分17秒の全貌とは?さらに海洋警察による救助が進まない中、独自に救助にあたった人も証言。沈没までの101分に迫る。