ニュース速報

    選「朝ドラ“おしん”誕生〜人生をかけた、女たち〜」

    1983年放送、連続テレビ小説「おしん」。山形の貧しい農村に生まれた少女が、明治・大正・昭和の激動の時代を生き抜く女の一代記。その制作に、人生をかけた女たちがいた。脚本家・橋田壽賀子が込めた日本人への痛切なメッセージとは?泉ピン子や小林綾子らが明かす過酷な撮影現場。そしておしんブームは世界にも広がり、戦時下で放映されたイランでも女性たちの心に火を付けた。関係者たちが語り尽くす「おしん」の魅力。