あさイチ

毎朝、いちばん欲しい情報を!

共有

洋風ふわとろ天津飯

レシピ公開日:2024年5月22日午前9:04

卵にグリーンアスパラガスとベーコンを加えた洋風の「天津飯」。うま味たっぷりの「かに」の代わりに、アスパラガスとベーコンを合わせるのがポイント。アスパラガスに含まれるうま味成分・グルタミン酸と、ベーコンのうまみ成分・イノシン酸の相乗効果で、「かに」に負けないおいしさに!

  • 尾身 奈美枝
    料理研究家

材料

2人分
  • 4コ
  • ベーコン(薄切り)
    2枚
  • グリーンアスパラガス
    4本
  • 少々
  • サラダ油
    大さじ1+1/2
  • A
    • 250ml
    • 顆粒(かりゅう)チキンスープのもと中華風
      小さじ1/2
    • しょうゆ
      小さじ2
    • 砂糖
      小さじ2
    • ひとつまみ
    • 片栗粉
      大さじ1
  • ご飯(温かいもの)
    300~400g
  • ごま油
    お好みで
  • バター
    お好みで

つくり方

「あん」をつくる。鍋にAを入れて中火にかけ、かき混ぜながら沸騰させ、白い濁りが消えて透き通り、しっかりとろみがついたら、火からおろす。

ボウルを2つ用意し、卵を2コずつ溶きほぐす。ベーコンはせん切り、グリーンアスパラガスはピーラーで下半分の皮をむき、5mm幅の小口切りにする。2つの器に、ご飯を半量ずつ盛りつける。

2人分のベーコンとアスパラガスを炒める。フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れ、中火で熱してベーコンを炒める。香りが出てきたらアスパラガスを加えてサッと炒め、塩をふって軽く混ぜる。(2)の2つのボウルに半量ずつ入れて、おのおの溶き卵と混ぜる。

1人分ずつ焼く。空いたフライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れて強めの中火で熱し、(3)のボウル1つ分を流し入れる。外側から内側に素早くかき混ぜ、半熟になったら(2)のご飯の上に滑らせてのせ、あんの半量をかける。もう1人分も同様につくる。

お好みで、ごま油かバターをのせる。

このレシピのエピソード