だて巻き

レシピ公開日:2023年12月4日 午前7:31

正月料理の定番「だて巻き」。書物のような巻物に似ていることから「知恵が増える」ことを願う縁起物です。買う人も多いのですが、家でも手軽に作れるんです。今回は魚のすり身のかわりにはんぺんを使用します。「だて巻き」で初心者が失敗しやすいのが火加減。、卵焼き器をこまめに動かして、卵に均等に焦げ目がつくように、仕上げていきます。

  • 料理研究家
    髙城 順子
材料 4人分
  • 3個
  • はんぺん
    1枚
  • A
    • だし
      大さじ1
    • みりん
      大さじ1
    • 小さじ4分の1
    • 砂糖
      大さじ4
  • サラダ油
    適量

つくり方

1

卵焼き器を弱火にかけて温めておく。

2

ミキサーに4等分に切ったはんぺんと溶いた卵、Aを入れてかくはんする。

3

キッチンタオルに油をしみ込ませ、温めた卵焼き器に薄く塗る。

4

(2)を卵焼き器に流し入れ、泡があれば箸の先でつぶす。卵に均等に火が通るよう、卵焼き器の位置を変えながら、弱火で2~3分間焼く。

5

まわりに火が通ってきたら、卵焼き器の下に網を入れてアルミホイルでふたをする。

6

表面がほぼ乾いて、焼き色がつくぐらいにゆっくり焼き(網の形や厚さにより6~9分間ほど)、裏返す。

7

反対側も火を通す。中心部を押してかたくなっていたら火からおろす。

8

熱いうちに巻きすの上に、焼き色がついた面が下になるように乗せて手前から巻く。

9

輪ゴムで両端を止め、あら熱がとれるまでおく。両端を切り落とし切り分ける。

このレシピのエピソード