ニュース速報

スペシャル 「食べる」

俳優・磯村勇斗さんが自分の部屋で食事しているところに、突然現れたのが胃のストマックン、小腸のデュデュオ、大腸のコロコロン、すい臓のパンクレアなどの臓器たち。食べることができるのは自分たちのおかげだと自慢し始めた。でも食べたものは結局どこへいくの?おにぎりやパンは体を動かすエネルギーとなり、肉や魚は体を作る材料となる。野菜や海藻の食物繊維は腸内細菌のエサになる。食べたものが体と心を作っているんだ!