ニュース速報

    「続いては、信貴山の石橋さ〜ん」

    発想の源は、国宝「信貴山縁起絵巻」(信貴山朝護孫子寺所蔵)。たまたま紅葉中継に来ていた現場レポーター(石橋さん)が、鉢が倉を持ち上げて山の上に飛んでいく、という「信貴山縁起絵巻」(山崎長者巻)のストーリー全体を、山のふもと、山の上と場所を変えながら、つぶさに伝える様子を臨場感たっぷりに歌う。♪追うわ!わたしレポーターとして 先回りして石橋がお伝えいたします~