ニュース速報

    「落穂拾子」

    発想の源は、ジャン=フランソワ・ミレー「落穂拾い」(オルセー美術館)。濃い陰影と雄大な風景がドラマ性を感じさせる絵画。この人物たちはどんな生涯を送ったのか、想像させられる。中央の人物は「ひろこ」。落穂を拾うエキスパートで落穂拾いにプライドを持っている。左の「ひろみ」はいつまでも落穂を拾っているつもりはなく、右の「ひろえ」はラッパー志望。彼女たちの人生を駆け足でめぐる。