ニュース速報

    「私たちが削るべきは床」

    発想の源は、フランスの画家カイユボットが描いた「床削り」(オルセー美術館)。描かれた部屋の情景から“バタフライ効果”のように物語がつながってゆく。床を削る→光の映り込みがソフトになる→社員の顔への照り返しが弱まる→顔が締まって見えて信頼度アップ→会社の業績が上がる、というふうに。