ニュース速報

「夢パフューマー麗子」

「麗子微笑(東京国立博物館)」が発想の源。暗がりで遠い目をしている麗子。手に青いミカンを持って、彼女は何を見ているのだろうか?彼女は遠巻きにいろんな人がみる夢を見張っているのかもしれない。そして誰かの夢が悪夢になろうとするそのとき、ミカンを夢めがけて投げつける。そうすると、かぐわしいミカンの香りが夢の後味としてその人の記憶に残る。「香り」を武器に、人々を悪夢から守る少女を歌う。