インタビュー 小村チズ役 ふせえりさん

NHK
2023年11月17日 午前8:30 公開

Q. ご自身の役柄についての印象は?

台本をいただいて見たらセリフがいっぱいあって、これ大変だなと思いました。でも楽しみでもありました。チズの下宿は、来るものを拒まず、来たら全員が家族、というようなイメージでとてもオープンです。チズと吾郎さん(隈本晃俊さん)には揺るぎない愛情があって、だから他の人にも愛情を注ぐことができるんだと思うし、そんなおせっかいができるいい時代なんだと思います。今なら、下宿のおばさんと一緒にご飯を食べるなんて、若い人は嫌がるでしょう。チズの役割は、スズ子にとって「東京のお家」であって、そこで見守るということだと思っています。

Q.下宿するスズ子と秋山を演じる、趣里さんと伊原六花さんの印象はいかがですか?

おふたりともすごく爽やかです。趣里さんは、役に入り込みすぎないで演じている印象で、それがいいなと思いました。あまりどっぷりと入り込むのではなく、「趣里さん目線」のスズ子を演じています。伊原さんは、かつて「バブリーダンス」を見ていて、面白いことを真剣にやっている姿が印象に残っていました。実際にお会いしてもその印象の通りで、真剣に表現するというか、心でお芝居なさっています。

Q.印象に残っているシーンは?

秋山さん(伊原六花さん)と吾郎さんが相撲をとったシーンが印象に残っています。相撲をとる様子を見て、ワーッと言いながら盛り上がり、本当に娘たちと楽しんでいるようでした。秋山さんはその後にすぐ大阪に帰ってしまいますが、スズ子たちと本当に打ち解けられたようなシーンになりました。
ご飯を食べるシーンも多く、印象に残っています。ドラマの設定では吾郎さんがいつも作ってくれていますが、このご飯がスズ子の原動力になっていると思います。ご飯が本当においしくて、しかもちゃんと関東の味付けになっています。撮影が終わっても、本当においしいからみんなで食べています(笑)。

Q.放送を楽しみにしている視聴者の方々へのメッセージをお願いします。

スズ子は東京に来てからもいろいろありますが、それでもこの「東京のお家」があったから、歌っていける、頑張っていけるんだと思っています。下宿屋に帰ってくるとスズ子の本音が出たりしますが、視聴者のみなさんにとってもほっとできる場所であったらいいなと思います。