インタビュー 花田ツヤ役 水川あさみさん

NHK
2023年10月6日 午前8:15 公開

Q.「ブギウギ」に出演することが決まったときのお気持ちは?

 この作品に参加して、私は関西人で良かったと心底思いました。大阪が舞台のお話だというのは、やはり大阪出身の私としてはとてもうれしいですね。

Q.演じられているツヤはどういった人物でしょうか?

 ツヤはこれまできっと苦労したことも多かったでしょうが、そう思わせないような元気さや振る舞いなどがとても共感できて、女性としてすてきだなと思います。花田家をすごく愛していて、まるで大きな風呂敷で包み込んでくれるような懐が深い女性です。
 また、ツヤは鈴子の人格形成に一番影響を与えているのだと思います。ツヤのエネルギッシュでとてもパワーのある感じや、たとえ悪いことが起きたとしてもそういうものもはねのけるような意志の強さやユーモアは、自然と鈴子が育つ環境の中で受け継がれていく。そういうことを意識しながら、ツヤを演じています。
 ツヤの言葉を鈴子が求めるシーンもたくさんあります。もちろん、お父ちゃんの梅吉に相談することもあるのでしょうが、何かを決意するときや、その道に進みたいと一歩踏み出すときにツヤの言葉を待っている気がします。

Q.ヒロイン役の趣里さんの印象はいかがですか?

 共演は初めてですが、本当にすてきで鈴子にぴったりだと思います。彼女がもつユーモアは鈴子に通じるものがありますし、なによりも姿勢がとてもきれいで、そこに彼女のオーラが宿っているように思います。鈴子がいるとつい目で追ってしまいます。キラキラしていて、彼女がいると場が明るくなります。

Q.夫・梅吉役を演じる柳葉敏郎さんとの共演についてはいかがですか?

 柳葉さんとも初共演ですが、柳葉さんからも「こういうふうに動きたいんだけどおかあちゃん大丈夫?」と相談をいただいたりしながらやっています。セリフの前後にアドリブを追加する場面もあるのですが、大阪ことばのやり取りやノリは、イントネーションが大変だったり独特のリズムがあるので、二人で楽しみ、模索しながら演じています。

Q.放送を楽しみにしている視聴者の方々へのメッセージをお願いします。

 はな湯の常連客の皆さんは個性豊かですが、演じられているみなさんも個性的で、カメラが回っている時も休憩の時もとてもにぎやかです。そんなはな湯の場面は「ブギウギ」というタイトルの響きにふさわしく、とにかく明るいです!
 朝は、その日のテンションを左右するとても大事な時間だと思います。そんなひとときにこのドラマをご覧いただき、明るい気持ちで1日を過ごしてもらえたら嬉しいです。これからストーリーが展開するにつれて時には波乱もありますが、鈴子を応援したくなると思いますので、ぜひ楽しんでご覧ください。