インタビュー 辛島一平役 安井順平さん

NHK
2023年11月15日 午前8:15 公開

Q.「ブギウギ」に出演することが決まったときのお気持ちは?

素直にうれしかったです。「半分、青い。」と「ちむどんどん」に出させていただいたときは短い期間でどうインパクトを残すかを考えていたんですが、「ブギウギ」では出演する期間が比較的長いので、役の側面だけじゃなく、深い部分をどう演じるか、そういった役作りをできるのが純粋にうれしかったですね。「はだしのゲン」という大好きな漫画で、ゲンが「東京ブギウギ」の替え歌を陽気に歌うシーンが何度かでてくるんですが、気づくと鼻歌してるんです。脳にメロディが刷り込まれてるんですね。そんな僕が「ブギウギ」というタイトルの朝ドラに出るなんてご縁を感じます。

Q.ご自身の役柄についての印象は?

梅丸楽劇団(UGD)の制作部長を務める辛島は、ザ・中間管理職です。上からも下からも板挟みにあい、なんだったら横からも来る感じです(笑)。視聴者の皆さんにも共感していただきやすい人物じゃないでしょうか。
辛島にとって唯一の自慢は、福来スズ子を羽鳥先生に引き合わせたことです。「俺がいなかったら福来スズ子と羽鳥先生の共同制作はなかった!俺の手柄だ!」と辛島は思っているはず。だから、これからどんなことがあっても、きっとスズ子のことを応援し続けると思います。情けない部分や、長いものに巻かれちゃうところもありますが、不条理な発言をしても「何だよ辛島!」と思いつつ許せちゃうような人柄が出ていればいいですね。

Q.収録に参加されてみて、共演者の皆さんの印象、現場の雰囲気はいかがですか?

趣里さんとの掛け合いはとっても楽しいです。ものすごくやりやすいので、お芝居の相性はとてもいいのかなと勝手に思っています。趣里さんの明るくて社交的で、分け隔てないところがスズ子にすごくフィットします。ヒロインはやっぱり体力的にも精神的にもタフじゃないと務まらないだろうし、気丈に明るくふるまっている趣里さんを少しでも盛り上げたくて、僕は現場で彼女を褒めまくりました。大阪の現場の雰囲気もとてもいいんです。ミスしても関西流のボケにして笑い飛ばしている現場が、すごくすてきです。やっぱり笑いはいろんなものを救うんですね。

Q.放送を楽しみにしている視聴者の方々へのメッセージをお願いします。

キャストの皆さんが魅力的で現場も明るいので、自然と作品の色も、とても明度が高くなっていると思います。スズ子が歌って踊るシーンがいちばんの見どころではないでしょうか。心の底から楽しんでいる姿って、自然に見ちゃいますよね。そのついでに辛島も見ていただければ幸いです。これからスズ子の人生にはいろいろなことが起こっていきますが、それでもきっと元気で前向きな、希望に満ちたドラマになっていくと思いますので、視聴者の皆さんには最後まで見守っていただきたいです。