ニュース速報

「市民が見た世界のコロナショック 1月〜2月編」

世界の市民はコロナ禍をどう生きているのか。変異株に揺れるイギリス、ワクチンへの不信が広がるニューヨーク、感染をコントロールする台湾や、オランダ、ハワイから。 コロナ禍に生きる市民たちの自撮り映像で、世界各国の状況をつづるシリーズ。変異株という新たな脅威の中、各地でワクチン接種が進んでいる。一方、長引くロックダウンに不満が渦巻く。今回は、変異株がまん延するイギリスの医療従事者や、ワクチンへの不信の広がりと戦うニューヨークの牧師のほか、ロックダウン反対の暴動が起きたオランダ、観光客激減で治安が悪化するハワイ、感染のコントロールに成功している台湾から報告。