ニュース速報

「ジャパニ〜ネパール 出稼ぎ村の子どもたち〜」

働き手の多くが日本へ出稼ぎに行くネパールの村。祖母に育てられた9歳の少女が、東京で働く両親に呼び寄せられた。祖母の涙、母との葛藤。幸福を求めて苦悩する家族の物語 ヒマラヤを望む美しい村。そこでは、両親が日本へ出稼ぎに行った子供達を「ジャパニ」と呼ぶ。働き手の大半が日本に渡り、集落は老人と子供ばかりになった。9歳の少女・ビピシャも生後すぐに祖父母に預けられ、実の親を知らずに育った。東京に住む両親は、いつか豊かになるためと昼夜を問わず働きづめ。それでも娘と一緒に暮らしたいとビピシャを呼び寄せるが…。日本とネパール、2つの土地に引き裂かれて生きる家族の葛藤を描く