ニュース速報

「ジェイクとシャリース〜僕は歌姫だった〜」

アメリカ国際フィルム・ビデオ祭「ドキュメンタリー・社会問題部門」金賞受賞。トランスジェンダー男性であることを公表したフィリピンの大スター。彼の再出発を見つめる。 フィリピンの貧しい家庭からアメリカンドリームをつかんだ少女シャリース・ペンペンコ。アジア人アーティストで初めてとなるビルボード・アルバムトップ10入りから7年後、自らの性自認が“男”であること、つまりトランスジェンダー男性だと公表。「ジェイク・ザイラス」と名前を改め、シャリースとしての名声も高い声も捨てての再出発。彼の人生と新しい挑戦を追いながら、自分の声を見つけるまでの等身大の姿を追いかける。