ニュース速報

「ファベーラ 見棄(す)てられた街で “感染大国”ブラジル 4か月の記録」

世界第2の“感染大国”ブラジル。貧民街・ファベーラの住民が記録した映像には劣悪な環境の中で暮らす人々が適切な医療も受けられず、亡くなっていく姿が映し出されていた なぜブラジルは世界第2の“感染大国”となったのか。リオの貧民街・ファベーラの住民が2月末から4か月間に渡り日々の様子を記録した映像を入手。映し出されていたのは、劣悪な環境の中で暮らす人々が、適切な医療を受けられず政府から見捨てられ亡くなっていく姿や、感染が疑われても検査もされないまま埋葬されていく“カウントされない死”だった。貧しい人々の間に無慈悲に拡がるウイルスの脅威と“命の格差”の実態に迫る。