「最後のひとりまで 宮城県警元鑑識課員の震災」

    初回放送日: 2021年3月11日

    宮城県警OB安倍は、遺体写真から似顔絵を作成する専門家。東日本大震災の身元不明遺体100人を描き24人の身元が判明。今も筆を握り続ける元鑑識課員の震災10年。 「女川348」・「東松島1043」…。番号で呼ばれる東日本大震災の身元不明遺体。宮城県警OBの安倍秀一(71)は、残された遺体の名前を取り戻すことに、震災後の日々を捧げてきた。安倍は、遺体写真から似顔絵を作成する専門家。これまで100人の震災犠牲者を描き、似顔絵がきっかけで24人の身元が判明した。遺体の尊厳を取り戻すべく、筆を握り続ける元鑑識課員の震災10年を見つめる。