「8人の青い宇宙」

    初回放送日: 2022年4月10日

    8人の高校生は、カメラを載せた小箱を空へと放った―。8年後、成層圏から捉えた“青い地球”の映像と共に彼らの“青春”が帰ってきた。卒業生8人の今とあの日々の物語。 2020年の秋、埼玉県の山中で発見されたボロボロの小箱。それは、8年前に長野県飯田工業高校の生徒8人が“青い地球”を撮影するため、成層圏へと飛ばした観測装置だった。不意に訪れた帰還劇。カメラに記録された映像には、河川敷で気球を見上げる自分たちの姿と当時思い描いた青く丸みを帯びた地球の姿が活写されていた。胸の奥にしまった“青春の一コマ”が、不意に目の前に現れたとき、卒業生8人の人生の今と響き合う。