ニュース速報

    「暗号名チューブ・アロイズ 〜原爆投下・秘められたチャーチルの戦略〜」

    ヒトラーに対抗し、原爆開発を陰で動かしたチャーチル。原爆情報を盗もうと暗躍するソビエトのスパイ。原爆投下の裏側で何が起きたのか?秘められた大国の思惑を追う。 原爆は米国が単独で開発した…そんな通説が塗り替えられようとしている。英国首相チャーチルがヒトラー率いるナチスドイツに対抗するため自国の科学者を米国に送り込み、原爆を完成に導いていたのだ。しかし、スターリン率いるソビエトも原爆開発を急ぐためスパイを英国に送り機密情報を盗んでいた。そして、原爆をめぐる英米ソの思惑は「ポツダム会談」で衝突する。原爆投下の裏側で何が起きていたのか?秘められた核戦略を追う