ニュース速報

「決断の冬、浅草〜下町経営者と信用金庫〜」

コロナ危機が経営を直撃する東京・浅草の下町商店街。緊急事態宣言が延長される中、事業継続のために奔走する経営者たちと、それを支える信用金庫の冬を見つめる。 新型コロナ“第3波”が襲い始めた11月。東京有数の観光地・浅草に支店を構える信用金庫は新たな対応に追われていた。夏に顧客へ緊急融資を行ったが、資金の減りが予想以上に早いことがわかったのだ。浅草土産の代名詞として知られる老舗和菓子屋や、地元の年配客に支えられてきた老舗飲食店は、年末年始の売上げに望みを繋ぐが、感染拡大は止まらない。引き継いだのれんを守れるのか、未曾有の危機に立ち向かう人々を見つめる。