ニュース速報

「10年目の約束〜福島の子どもたちが描いた“未来”〜」

2011年5月、画家の蟹江杏さんと絵を描いた福島の小学生たち。高校3年生となった彼らは、人生の岐路に立つなか、どのような未来を描くのか。子どもたちの震災10年。 2011年5月、東日本大震災で大きな被害を受けた福島県相馬市の小学3年生80人が、画家の蟹江杏さんと絵を描いた。厳しい現実を正面から見すえる絵の力強さに打たれた蟹江さんは、子どもたちと約束を交わす。この絵を借り、みなの思いを伝えること。そして10年後、必ずこの絵を返すこと。それから10年、子どもたちは高校3年生となり、人生の岐路に立つ。彼ら彼女らはその後どんな人生を歩み、今どんな未来を描くのか。