ニュース速報

「国産ワクチンを開発せよ!〜東大・河岡ラボ 300日の記録」

猛威をふるう新型コロナウイルス。制圧の切り札が「ワクチン」だ。国産ワクチンの開発に挑み続ける東大・河岡ラボ。知られざる開発の現場に密着した300日の記録。 世界中で猛威をふるい続ける新型コロナウイルス。ウイルス制圧の切り札となるのが「ワクチン」だ。海外ではかつてないスピードで開発され、すでに接種が始まっている。一方、国産ワクチンの開発を進めるのが、東京大学医科学研究所・河岡ラボだ。ウイルス学の世界的権威、河岡義裕教授のもと、「総力戦」で新たなワクチンの開発に取り組んでいる。取材班は300日に渡って、その最前線を記録。研究者たちの苦悩と希望の光を追う。