ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
9月29日(火) 午後10:00 午後10:45

戦後日本の新しい女性と家族を生き生きと描いた国民的漫画『サザエさん』。作者の長谷川町子は、プロの女性漫画家の第1号ともいわれ、今年が生誕百周年。漫画家で唯一、国民栄誉賞を受賞しながら、その姿はベールに包まれている。外部との交流がほとんどなかったからだ。町子が15歳で漫画家デビューしたのは昭和10年。女性の社会進出はまだ限定的で、女流漫画家など想像もできない時代、自立した女性として生きた知恵を探る。

見逃し配信

次回のエピソード

  • Eテレ
    10月6日(火) 午後10:00 午後10:45

    安倍能成が第一高等学校の校長となった翌年、太平洋戦争が勃発。軍部の圧力から学生を守ろうとし、軍の監視対象にもなった安倍は、戦後、文部大臣に就任、教育改革と向き合う。マッカーサーは本国から教育使節団を呼び指導させた。安倍は使節団に、「深い反省の上に教育改革はなさねばならない。その反省に日本流、米国流の区別は無い」。日本語のローマ字化も計画していた使節団は粛然として改めた。安倍の言葉の力の神髄に迫る。

    10月6日ほか 放送予定へ

見逃し配信

  • Eテレ
    9月29日(火) 午後10:00 午後10:45

    戦後日本の新しい女性と家族を生き生きと描いた国民的漫画『サザエさん』。作者の長谷川町子は、プロの女性漫画家の第1号ともいわれ、今年が生誕百周年。漫画家で唯一、国民栄誉賞を受賞しながら、その姿はベールに包まれている。外部との交流がほとんどなかったからだ。町子が15歳で漫画家デビューしたのは昭和10年。女性の社会進出はまだ限定的で、女流漫画家など想像もできない時代、自立した女性として生きた知恵を探る。

その他のこれまでのエピソード

この番組について

悩んだり、壁にぶつかったり。そんな皆さんに大きなヒントをくれるのが、歴史上の人物から知る、様々な「知恵」 苦手な上司への対処法から、部下を上手に指導するコツ、そして新規プロジェクト成功の秘訣などなど。歴史居酒屋「知恵泉」では、明日から役立つユニークな知恵の数々をご用意し、皆さまのお越しをお待ちしております。 当代きってのプロフェッショナル=仕事人の甘辛トークも、つまみにどうぞ。

  • 司会 新井秀和 (四代目店主)

放送

  • Eテレ
    毎週火曜 午後10時

再放送

  • Eテレ
    毎週火曜 午後0時

関連リンク