ニュース速報

これからのエピソード

  • Eテレ
    6月22日(火) 午後10:00 午後10:45

    天下を取った徳川家康。その支えになったのは、家臣団の“結束力”だった。家康はどのように家臣団をまとめていったのか。井伊直政のような新参者を家臣団に組み込む方法から、“若き才能”の生かし方が見えてくる。また、幕府を開いた後、積極的に家臣に取り立てたのが、僧侶・学者・商人・外国人などの多彩な人物たち。さまざまな専門家の知恵を結集した家康から、社会の難題に立ち向かうために必要な組織づくりのヒントを学ぶ。

    放送中
  • 6月29日(火) 午後10:00 午後10:45

    海外でビッグウエーブとして知られる「神奈川沖浪裏」をはじめ、浮世絵界で空前のヒット作を生み出してきた葛飾北斎。人々の心をつかんで離さないその秘密を「冨岳三十六景」から読み解いていく。絵に隠された数々の「謎」を追っていくと、知らず知らずのうちに心をわしづかみにされる北斎の巧妙な仕掛けが見えてくる。さらにフィクションの世界を驚くほどリアルに感じさせる北斎の知恵とは?現代の漫画との共通点も明らかに!

    6月29日(火)午後10:00ほか 放送予定へ

最近放送したエピソード

  • Eテレ
    6月15日(火) 午後10:00 午後10:45

    戦国乱世。生き残りをかけて、戦国大名たちは軍団を形成し、戦に明け暮れた。その統率や編成といった組織づくりには、現代に役立つ知恵がある。織田信長は天下にあと一歩まで迫ったが、そこには、独特な言葉やパフォーマンスにより家臣をまとめる信長の特異なリーダーシップがあった。一方、その夢がついえたのも、軍団の内部崩壊によるものだった。戦国最強軍団と言われる織田軍団の“光と影”から、組織づくりの知恵に迫る。

    配信中

この番組について

悩んだり、壁にぶつかったり。そんな皆さんに大きなヒントをくれるのが、歴史上の人物から知る、様々な「知恵」 苦手な上司への対処法から、部下を上手に指導するコツ、そして新規プロジェクト成功の秘訣などなど。歴史居酒屋「知恵泉」では、明日から役立つユニークな知恵の数々をご用意し、皆さまのお越しをお待ちしております。 当代きってのプロフェッショナル=仕事人の甘辛トークも、つまみにどうぞ。

  • 司会 新井秀和 (四代目店主)

放送

  • Eテレ
    毎週火曜 午後10時

再放送

  • Eテレ
    毎週火曜 午後0時

関連リンク