ニュース速報

    「超格差社会を生き抜くには 平清盛〜清盛流出世術〜」

    平清盛は、常に部下への気配りを欠かさない優しいリーダーだった。低い身分から国の実質上のトップに上り詰めた、清盛の意外な人物像に2回にわたって迫りその知恵を探る。源頼朝、足利尊氏、織田信長など、新時代を切り開いた人物には、ある共通点がある。それは、兄弟でもライバルとなれば迷わず殺したこと。しかし平清盛は違った。敵でも必ず一度は許し、「人前では叱らず後でこっそり言い聞かせる」など、部下への気配りを欠かさない優しいリーダーだった。そんな清盛は、事実上の国のトップ・太政大臣へ異例の出世を果たす。“おごる平家”とは違う、清盛の意外な人物像に迫り、その知恵を探る。