ニュース速報

    「“忍者”に学ぶ生きる知恵 その一 情報収集の極意」

    三重大学では江戸時代に書かれた「忍術書」を総合的に研究。解ってきた忍者の生きるための工夫や知恵を2回に渡って探る。今回は、情報収集任務での会話術、洞察力に迫る。江戸時代、忍者は活躍の場がなくなり、口伝の教えが廃れる危機感から忍術書が書かれた。三大秘伝書『万川集海』『正忍記』『忍秘伝』など、数十にも及ぶ。三重大学では、歴史・医学・薬学・体育学などの分野から忍術書の研究を行った。見えてきたのは、現代科学から見ても理にかなった、生きるための工夫や知恵にあふれた“総合生活術”。今回は、忍者にとって最も重要な情報収集任務での、目からウロコの会話術や人間洞察術に迫る