ニュース速報

「戦国時代に学ぶ組織づくり 家臣はボクの宝です 徳川軍団 天下を取る」

天下を取った徳川家康。その支えになったのは、家臣団の“結束力”だった。家康はどのように家臣団をまとめていったのか。井伊直政のような新参者を家臣団に組み込む方法から、“若き才能”の生かし方が見えてくる。また、幕府を開いた後、積極的に家臣に取り立てたのが、僧侶・学者・商人・外国人などの多彩な人物たち。さまざまな専門家の知恵を結集した家康から、社会の難題に立ち向かうために必要な組織づくりのヒントを学ぶ。