ニュース速報

選「こんなカッコいい男になりたい 白洲次郎(前編)」

多くの実業家や文化人に愛され、吉田茂のブレーンとして、GHQとの交渉にのぞみ、戦後日本を形作った日本人・白洲次郎。その生きざまを通した「知恵」を二回シリーズで届ける第一夜。手が付けらえないほど、やんちゃだった若き次郎は、父の命で大正八年英国に留学する。後に「島流し」とまで本人が語った彼の地で知る「英国人気質」は、その後の生き方の原点となった。流行雑誌編集者が読み解く「次郎・かっこいい男」論。