ニュース速報

「“日本”誕生 兄弟でつないだ国づくり 天武天皇 長く続く体制を」

約1300年前、かつて「倭」と呼ばれていた小国が、天皇中心の律令国家「日本」として国際社会に新たに登場した。そこには天智天皇と天武天皇、兄弟でつないだ国づくりへの尽力があった。国の礎を築いた兄・天智天皇を引き継いだのが天武天皇。官僚制を整備し能力主義で人材を抜擢。国家の一大プロジェクト・正史の編纂(さん)にも取り組んだ。天武天皇は、いかにして現代まで続く日本のカタチを作り上げたのか、その知恵に迫る