ニュース速報

「“忍者”に学ぶ生きる知恵 その二 心と体を操る極意」

忍者は、自然をよく洞察し、天気や方位、地形も正しく読んだ。例えば、縫い針を熱して作った方位磁石。鉄の熱残留磁化の性質を知っていたのだ。忍者はこうした言わば、科学的精神を、自らの心と体にも向け鍛錬した。体の仕組みを知り、運動効率を最大限に高めた、疲れにくい歩きや走り。緊張を強いられる重大な任務を前に、忍者はある呼吸法を使った。三重大学医学部で検証したところ、被験者の脳波には驚きの波形が現れたという!