ニュース速報

「日本の“バラエティー”を発信せよ! 永六輔」

放送作家・作詞家などマルチな才能を発揮し、バラエティー番組「夢であいましょう」などで活躍した永六輔。一部から「軽薄作家」などと批判も受けたが、それをある知恵で乗り越えていく。また、その後は舞台をラジオに移し、全国各地を旅することに。いったいなぜなのか。そこには、生涯をかけて伝えたい、ある思いがあった。テレビの草創期を共に支えた黒柳徹子さんが、永六輔との知られざるエピソードを交え、読み解いていく。