「古田織部 “数寄”を究めた その先に」

    初回放送日: 2021年11月2日

    戦国の激動から江戸の太平へ。時代が動き、社会が大きく変わる時、新たな文化・芸術が生み出される。「織部焼」で知られる戦国武将・古田織部もそのひとり。千利休から学び、茶道を究めたが、その独特の感性から、「へうげもの」(ひょうきん者)とも呼ばれた。そんな彼が、信長・秀吉・家康に仕えるなかで目指した「数寄」の精神とはいったいどんなものだったのか。戦国の世で独自の生き方を貫いた古田織部の知恵に迫る。