ニュース速報

「徳川家康と伊達政宗の“母” 戦国グレートマザー 混迷を生き抜く力を育てろ」

激動期を切り開いた偉人が「雄飛」する前には必ず「雌伏」の時がある。その時期に影響を与えるのが「家族」。男ばかりが表出する歴史の中で、人格形成期の母と子の関係に注目。今回は徳川家康と伊達政宗の「母」―息子を残し夫と離別、その息子も人質に!家康の母は、会いたくても会えない困難な状況で、子が親に見捨てられたと失望しないよう心を砕く。子殺しで悪名高い伊達政宗の母の実像を探ると、胆力ある人物だった!