ニュース速報

「華岡青洲 “救える命”を救いたい!」

江戸時代に、世界に先駆けて全身麻酔による手術を行った人物がいる。紀州の村医者だった華岡青洲。18年をかけて麻酔薬「通仙散」を開発、乳がんの手術を成功させた。そこにはどんな信念があったのか?そして、麻酔薬を開発した青洲が、多くの弟子たちに伝えたこととは?“救える命”を救うために奔走した青洲の知恵を探る。