ニュース速報

「千利休〜極めることの光と影〜」

千利休は、秀吉の筆頭茶頭として、その侘(わ)び茶の道を極め、権威を高めていく。だがそれは秀吉にこびへつらって得たものではない。利休の茶の湯に対する求道的な凛とした姿勢が秀吉の信頼を得、その傘下の名だたる武将たちに畏怖の念を抱かせ、豊臣政権下で隠然とした力を持つに至る。大いなる成功、しかし一転、利休は、秀吉によって、切腹に追い込まれる。一体なぜ?戦国史最大のミステリーの一つ、その光と影の人生に迫る。