ニュース速報

    「荻野吟子 “女性医師”の道を切り開け!」

    医師は男性がなるものされていた明治時代、恥ずかしい思いをした自らの受診経験から、「女性のからだは、女性が診るべき」と立ち上がった荻野吟子。多くの壁にぶつかりながらも、不屈の決意で自らを奮い立たせ、女性として初めて開業試験に合格。女性医師第一号となった。その後も、女性の新たな生き方を模索し、さまざまな社会的活動に身を投じていく…。数々の困難を乗り越えてきた吟子の知恵を読み解いていく。