ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
1月23日(土) 午後8:45 午後9:00

視覚と聴覚の両方に障害がある盲ろう者のための、専用の老人ホーム設立を計画していた和歌山の支援団体を取材。新型コロナウイルスの影響を受け計画がとん挫してしまった。 昨年、和歌山で日本で初めてとなる『盲ろう者専用の老人ホーム』が誕生しようとしていました。ところが新型コロナウイルスの影響を受け、銀行からの融資が大幅に減り、計画がとん挫したのです。深刻な盲ろう者の高齢化や孤立の問題。笑顔で暮らすことができる居場所をつくるため、通訳・介助員の瀬戸節子さんが資金集めに奔走します。何の後ろ盾もなく、たった一人で盲ろう者の未来を守ろうとする主婦・瀬戸さんの姿を見つめます。

見逃し配信

次回のエピソード

  • Eテレ
    1月30日(土) 午後8:45 午後9:00

    日本ではほとんど例のない盲ろうの教員、橋本紗貴さん。さまざまな困難を抱えながら、諦めることなく教員になる夢を追い続けてきました。橋本さんの挑戦の日々を紹介します 2020年春、日本ではほとんど例のない盲ろうの教員が誕生しました。中学2年生のときギラン・バレー症候群で倒れ、聴覚障害、視覚障害、さらに四肢障害という重複障害がある橋本紗貴さん。一時は自ら死を願うほどの絶望を味わいましたが、家族や教員からの支えを受け乗り越え、自らの経験から障害があっても平等に学ぶことができる環境を作りたいと教員になることを目指しました。盲ろうの新人教員の挑戦の日々を追います。

    1月30日ほか 放送予定へ

見逃し配信

  • Eテレ
    1月23日(土) 午後8:45 午後9:00

    視覚と聴覚の両方に障害がある盲ろう者のための、専用の老人ホーム設立を計画していた和歌山の支援団体を取材。新型コロナウイルスの影響を受け計画がとん挫してしまった。 昨年、和歌山で日本で初めてとなる『盲ろう者専用の老人ホーム』が誕生しようとしていました。ところが新型コロナウイルスの影響を受け、銀行からの融資が大幅に減り、計画がとん挫したのです。深刻な盲ろう者の高齢化や孤立の問題。笑顔で暮らすことができる居場所をつくるため、通訳・介助員の瀬戸節子さんが資金集めに奔走します。何の後ろ盾もなく、たった一人で盲ろう者の未来を守ろうとする主婦・瀬戸さんの姿を見つめます。

その他のこれまでのエピソード

この番組について

ろう・難聴者の福祉・生活に役立つ情報や、各地で活躍する聴覚障害者を紹介します。ハートネットTVとのコラボやスピンオフ番組も!

放送

  • Eテレ
    毎週土曜 午後8時45分

再放送

  • Eテレ
    毎週金曜 午後0時45分