ニュース速報

「ろうの野菜農家 挑戦の夏」

埼玉県の農家、鈴木利雄さんはカボチャの空中栽培などユニークな方法で野菜作りに取り組んでいます。かつての差別を乗り越え地域の農家と支え合う姿を追いました。 埼玉県の農家、鈴木利雄さん(62歳)はカボチャの空中栽培などユニークな方法で野菜作りに取り組んでいます。明るい人柄で地元の朝市では盛り上げ役の鈴木さんですが、かつては「鈴木の野菜を食べると耳が聞こえなくなる」など周囲の心ない陰口に苦しみました。今年の夏、鈴木さんは講演を依頼され、初めて差別された過去について地域の人々の前で語りました。苦しんだ過去と野菜作りに向き合った鈴木さんの一夏を見つめます。