ニュース速報

    「老“ろう”介護を考える」

    初回放送日: 2021年5月8日

    耳の聞こえない“ろう者”など、聴覚障害者が年老いた家族を介護する「老ろう介護」。介護の経験者同士で悩みや知恵を語り合い、よりよく介護するためのヒントを探る。 聴覚障害がある人が、高齢の親など家族の介護をする「老ろう介護」には、多くの問題があることが最近の調査で分ってきました。「聞こえる親とのコミュニケーションがうまくいかなくなり、手を上げられた」「医師からの説明が聞こえず、家族なのに自分だけカヤの外」と、葛藤を抱えながら介護にあたる人が多くいるといいます。番組では「老ろう介護」の当事者や経験者の座談会を開催。よりよく介護するためのヒントを探ります。