ニュース速報

「孤立する盲ろう者をテクノロジーで救いたい」

手と手が触れる「指点字」や「触手話」で会話をする、視覚と聴覚に障害のある盲ろう者。コロナ禍の中、「遠隔」でもコミュニケーションが取れる指点字ツールの研究を追う。 新型コロナウイルスがまん延する中、視覚と聴覚に障害のある盲ろう者たちは「密」を避けることが難しく、不安な日々を過ごしています。通訳・介助者の腕につかまっての移動、そして、手と手が触れる「指点字」や「触手話」を使った会話では、ソーシャル・ディスタンスを保つことができません。そんな中、非接触でも指点字で意思疎通できる「遠隔 指点字ツール」の開発が進んでいます。実用化を目指す研究の最前線を追いました。