【世界一】ギネス世界記録「トビウオ」秘話公開中!なぜ10年前の番組が?驚きの理由

NHK
2022年9月1日 午後7:53 公開

10年以上前の番組がギネス世界記録に!のなぜ?に迫る

ダーウィンが来た!のクルーが撮影したトビウオの映像が、最も長く飛行したトビウオの記録としてギネス世界記録に認定され、2022年5月、撮影クルーに認定書が渡されました。さまざまなメディアで報道もされましたので、記憶に新しいという方も多いかと思います。

海面から飛び出て45秒間も飛んだその映像は、鹿児島県の屋久島に向かうフェリーの上から撮影されたもので、2008年に放送されました。

ここで1つの疑問がわいてきます。2008年の番組映像に、なぜ10年以上も経って認定書が渡されることになったのか?じつは、理由があるんです。今回ご紹介するのは、その意外なストーリーを、トビウオ映像を撮影した本人たちがまとめた記事です。認定書にいたる経緯、そして、撮影時の秘話には偶然と必然がからみ合っており、「本当にこんなことが起きるんだ!」という驚きと感動にあふれています。田所勇樹ディレクターと森純一カメラマンの軽妙な筆致で楽しく読むことができると思いますので、ぜひぜひご覧ください!

↓↓トビウオのギネス世界記録秘話はこちら↓↓

14年前のトビウオが45秒飛ぶ映像がギネス世界記録になっていたことが最近判明した件

この記事、6月末にNHK広報ページに掲載されたのですが、「ダーウィンが来た!」の視聴者の皆さまにおススメしたく、今回のご紹介となりました。今後、ブログではこうしたおススメ記事紹介も行っていく予定ですので、ご期待ください!

ブログ担当スタッフ

認定証授与式でのひとコマ

認定証授与式で:左から、田所勇樹ディレクター、ヒゲじい、森純一カメラマン

関連記事

【新発見!】オオスズメバチvs.カブトムシ 最強の昆虫はどっち?