ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
7月3日(金) 午後10:00 午後10:50

「軽薄な悪女」や「伝説の王妃」などさまざまな言葉で評価されたマリー・アントワネット。その最後の日々を、緻密なドラマと専門家たちの解説でひもとくドキュメンタリー。 1793年の秋、恐怖政治の嵐が吹き荒れるフランス。ロベスピエールが実権を握る革命政府は、戦争や貧困にあえぐ大衆の不満をなだめようとマリー・アントワネットを裁判にかける。検察官によって意図的に選ばれた陪審員、でたらめな証言、最小限の弁護、幼い王太子までも巻き込んだおぞましい告発…。死刑ありきの仕組まれた裁判において、被告人アントワネットは、威厳に満ちた王妃としての姿を人々の目に焼き付ける。

見逃し配信

次回のエピソード

  • Eテレ
    7月10日(金) 午後10:00 午後10:45

    ヒトラーの遺骨をめぐる科学ミステリー・ドキュメンタリー。旧ソ連軍がモスクワに持ち帰って秘蔵しているとされる遺骨をフランス取材班が鑑定。果たしてその真偽は? 1945年4月のベルリン陥落の際に自ら命を絶ったとされるヒトラー。その最期のときの真相をつかもうと、法医学者からなるフランス取材班が、遺骨を保管しているとされるモスクワに入り、調査を実施した。取材班のロシア当局への粘り強い交渉の結果、ついにヒトラーの頭蓋骨や歯とされるものへの閲覧を許される。ヒトラーの歯科の記録や顔面のレントゲン写真などの資料と照合させた結果は…。

    7月10日ほか 放送予定へ

見逃し配信

  • Eテレ
    7月3日(金) 午後10:00 午後10:50

    「軽薄な悪女」や「伝説の王妃」などさまざまな言葉で評価されたマリー・アントワネット。その最後の日々を、緻密なドラマと専門家たちの解説でひもとくドキュメンタリー。 1793年の秋、恐怖政治の嵐が吹き荒れるフランス。ロベスピエールが実権を握る革命政府は、戦争や貧困にあえぐ大衆の不満をなだめようとマリー・アントワネットを裁判にかける。検察官によって意図的に選ばれた陪審員、でたらめな証言、最小限の弁護、幼い王太子までも巻き込んだおぞましい告発…。死刑ありきの仕組まれた裁判において、被告人アントワネットは、威厳に満ちた王妃としての姿を人々の目に焼き付ける。

その他のこれまでのエピソード

この番組について

世界の制作者によるドキュメンタリーをお届けする「ドキュランドへようこそ」。世界の文化、知られざる歴史・科学、共感をよびおこすヒューマンな作品など、あらゆるジャンルから選んだ秀作ドキュメンタリー。

放送

  • Eテレ
    毎週金曜 午後10時