ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
10月16日(金) 午後10:00 午後10:45

マリー・アントワネットが愛した離宮プチトリアノン。大規模修復で、ロココ様式の内装や自然豊かな庭園など“時代の先を行く”王妃のセンスが浮かび上がる。ドキュドラマ。 フランス最後の王妃マリーアントワネット。ハプスブルク家からフランス王家へ政略結婚で嫁いだ王妃は、国王と暮らす壮麗なベルサイユ宮殿を嫌い、敷地内にある小さなプチトリアノン宮で多くの時間を過ごした。「ベルサイユのばら」さながらの豪華再現ドラマと、修復工事に密着した映像で、「贅沢(ぜいたく)好きな浪費家」と呼ばれたアントワネットの深い文化的知見や、知られざる横顔を描く。フランスの制作者との国際共同制作。

次回のエピソード

  • Eテレ
    10月23日(金) 午後10:00 午後10:45

    マリー・アントワネットがフェルセン伯爵らと愛を交わす舞台ともなった離宮プチトリアノン。華麗な私生活の陰で、フランス最後の王妃が秘かに愛した静かな田園生活とは? 外観はシンプルで、内装はロココ様式の最高峰…プチトリアノンの主となったマリー・アントワネットは、庭園も自然豊かに設計し、農村に見立てた小さな集落も作った。大規模修復に参加した専門家や工芸職人らが、家具の選定も含め「欧州やアジアの文化を大胆不敵に取りこむ改革者」だった王妃の姿を徹底分析。フランス革命でギロチン台に送られた「悲劇の王妃」が愛した秘密のベルサイユ…その麗しき日々へタイムトリップ。

    10月23日ほか 放送予定へ

この番組について

世界の制作者によるドキュメンタリーをお届けする「ドキュランドへようこそ」。世界の文化、知られざる歴史・科学、共感をよびおこすヒューマンな作品など、あらゆるジャンルから選んだ秀作ドキュメンタリー。

放送

  • Eテレ
    毎週金曜 午後10時