「厳寒に生きる 動物たちの冬物語」

    冬、動物たちはどんな暮らしをしているのか?雪の中で獲物を追うオオヤマネコや温泉でくつろぐニホンザルなど、北極から南極まで冬をたくましく生き抜く動物たちを追う。 冬の間、北極ではホッキョクグマが出産を控え、トナカイの子どもは雪に隠れた食料から栄養を補給する。そして南極ではひとり立ちを迎えた子どものペンギンたちが衣替えをして海に向かう。アジアの山奥では分厚い毛に覆われたサル、キンシコウの家族が身を寄せ合って寒さをしのぐ。一方で、温かい温泉でくつろぐニホンザルも。冬の美しい風景の中で、たくましく生きる動物たちを見つめる。(オランダ2020年)#SDGs